RSS1.0 | Atom0.3



「ふゆの暮らし / ふゆの食卓」atelier nu-cafe(焼き菓子)

 

 

atelier nu-café

 

instagram.com/ateliernucafe/

http://ateliernucafe.petit.cc/

 

 

 

 

 

「ふゆの暮らし」

「ふゆの食卓」

 

晴れないグレーな空。

霧がかかったかのような

ベールに包まれた冷たい空気は

少しどんよりとしていて

ちょっぴり憂鬱。

教会の鐘の音がずっしりと心に響く。

 

カシミアのセーターにふんわりと包まれて

コートを羽織って

カラフルなマフラーをぐるぐると巻くと

少し気持ちが上向きに。

ニット帽をスッポリと被って

ウールのソックスを下にブーツを軽やかに履いて

いざお出かけ。

 

朝から、パン屋さんに。

粉の香り、温かさ、ぬくもり

朝一番の愉しみを受け取る。

焼きたてに出会えた感動で

待ちきれず

寒空の下、ひとくちバゲットを頬張る。

あまりのおいしさに、とまらなくなる。

 

テラスのストーブ下で暖をとる。

冬の寒さを頬で感じながら、温まりながら。。

カフェオレボウルで飲むカフェクレーム。

ふわふわのミルクの泡が

柔らかくて、甘くて、まろやかで

コーヒーのほろ苦さと香ばしさと

ちょっぴり感じる酸味が後から入ってきて

あぁ、なんだか人生に似ているなぁ〜と、ふと思う。

 

マルシェに出かけると

威勢のいい声と笑顔に出会う。

季節の野菜や食材が艶やかに並び

マルシェカゴを持ちながら

順番待ちしていると

列を共にするムッシュ達が

オススメととっておきをこっそり教えてくれる。

見慣れないモノがあったら

あれこれと聞いてみたりして

そんな出会いが即興なレッスンになる。

 

週末は、薄暗い空の下で、宝物探し。

古物を吟味しながら

一期一会の巡り会いを大切に思う。

時々、温かい珈琲を

カートに運んでくるマダムの声に

元気をもらう。

焼き栗やクレープの香ばしいさが鼻について

そわそわとする。

 

コトコト煮て作るヴァンショー。

温まるからと勧めてくれる。

作り方、配分はヒトそれぞれ。

スパイスの香りが

どれも官能的で

個性を愉しみながら、美味しさを探求する旅に出る。

 

カカオたっぷりショコラショー。

辛いことがあったら、これだよと

チョコレートを勧めてくれる。

甘いものは、口に入ると幸せな気分にしてくれる。

食べ物は、そんな魔力を持っている。

 

中世の面影があるキリッとした印象の部屋の中。

食卓に並ぶ暖色のキャンドルの灯りはいつもやさしい。

みんなで味わうごはんとともに

あんなこと、こんなことと、一日を振り返る。

お風呂を恋しく思いながら、シャワーを浴びて

湯たんぽの暖かさと毛布に包まれて

お気に入りのアロマに癒され、眠りにつく。

 

ふゆのいろんなシチュエーションをあれこれと回想。

様々な想いで過ごした些細な日常は

やがて私のエスプリとなって

今へとつながっています。

 

 

____

 

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市・出展者発表!!

 

公式ウェブサイトwww.kurakoto.com/

インスタグラムinstagram.com/kurashinokotoichi/

 

本年は木藝舎Satoより静岡縣護国神社に会場を移し開催。

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集います!

 

*2018年くらしのこと市出展者リスト一覧*CLICK!!

 

 

 





「ふゆの暮らし」くるり窯 福井一伯(陶磁)

 

 

くるり窯

福井一伯

 

https://www.instagram.com/quruligama/

http://quruligama.petit.cc/

 

 

 

 

 

ふゆの暮らし

 

私の工房は静岡県浜松市の渋川という所にあります。

山の上にあるので見晴らしが良く、季節の移り変わりを感じながら散歩するのが日課になっています。

時々、カモシカや野うさぎなどの野生動物に遭遇することもあります。

浜松は比較的暖かい地域なのですが工房は山奥ということもあって冬場は少々寒いです。

もっぱら薪ストーブの近くで作業しています。

寒さがピークになると工房の中にテントを張って暖をとりながら作業をしています。

休憩時には薪ストーブで焼き芋をしたりお餅を焼くことも。

外の景色とあいまってキャンプ気分が味わえます。

 

そんな冬の暮らしです。

 

 

____

 

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市・出展者発表!!

 

公式ウェブサイトwww.kurakoto.com/

インスタグラムinstagram.com/kurashinokotoichi/

 

本年は木藝舎Satoより静岡縣護国神社に会場を移し開催。

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集います!

 

*2018年くらしのこと市出展者リスト一覧*CLICK!!

 

 

 





「ふゆの食卓」skywalker bakery&cafe(マフィン)

 

 

skywalker bakery&cafe

 

instagram.com/skywalker_cafe/

facebook.com/skywalker-bakerycafe

 

 

 

 

 

ふゆの食卓。

 

寒くなるとホカホカの肉まんが恋しくなる。

コンビニで手軽に買えるのだけれど息子3人(中、小、小)のわが家ではコンビニの肉まんではとても追いつかない。

では、作ってしまおう!と…

 

ふゆが来ると肉まん。

蒸し器からの湯気が寒いふゆをあたたかくしてくれる。

 

生地に少し酒粕を使って、具はその時々あるもので。

だけど、豚肉にしいたけに玉ねぎ。

たけのこはザクザクと大きめに切って、生姜を効かせて少し甘めの味付けに。

これがわが家の定番。

 

時には味や具を少し変えて、あんこやカスタードクリームを入れてみたり。

食卓にあがったり。おやつになったり。

しています。

 

アツアツの肉まんが食べたくなってきた!

 

このふゆは何度食卓に上がるかな。

 

 

____

 

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市・出展者発表!!

 

公式ウェブサイトwww.kurakoto.com/

インスタグラムinstagram.com/kurashinokotoichi/

 

本年は木藝舎Satoより静岡縣護国神社に会場を移し開催。

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集います!

 

*2018年くらしのこと市出展者リスト一覧*CLICK!!

 

 

 





「ふゆの暮らし」aei 桑山明美(金工)

 

 

ブースNo.18

 

aei 桑山明美(金工)

 

instagram.com/aei2011/

aei-jewelryandobject.jimdo.com/

 

 

 

 

秋が深まる頃になると枝木や切花をもらう。

今は、庭に生えているハナミズキの赤い実がついた枝が二本。

鳥に食べられはじめたので、おばあちゃんが切ってきた。

私のアトリエは、祖母宅にあり、何かとおこぼれがいただける。

 

私のアトリエには、北側に窓が一つ。

ほとんど陽は入らなく、いつも薄暗い。

ここが植物たちの定位置となっている。

 

 

窓を全開にして外の景色を見るのが好きがた、寒さにはめっぽう弱い方なので、冬になるとほとんど窓は開けない。

窓はスリガラスなので、閉じていると景色は全く見えない。

この閉鎖的な空間は、植物たちで少しだけ和らぐように思える。

 

 

おそらく来月には裏のキウイ畑のおばちゃんが選定したキウイの枝をくれるだろう。

年末には祖母のお友達のS子さんが蕾のついた梅やボケの花、あとは名前がわからないけど、いろいろな花を持って来てくれる。

これらは、枝で生けておけば、暖房の暖かさでゆっくりと新芽や花を咲かせる。それをじっくり観察するのが好き。

 

近所のA子おばさんが菜の花をくれる頃になるとウグイスが鳴く。

 

おばぁちゃんのおかげで寒いアトリエでもお花見気分。

 

 

____

 

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市・出展者発表!!

 

公式ウェブサイトwww.kurakoto.com/

インスタグラムinstagram.com/kurashinokotoichi/

 

本年は木藝舎Satoより静岡縣護国神社に会場を移し開催。

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集います!

 

*2018年くらしのこと市出展者リスト一覧*CLICK!!

 

 





「ふゆの暮らし」いわもとまきこ+善兵衛(植物ほか)

 

 

ブースNo.04

 

いわもとまきこ+善兵衛

 

instagram.com/iwamotosan3/

https://iwamotono.exblog.jp/

 

 

 

 

― ふゆの暮らし ―

 

献立はみなさんどう決めますか?

冷蔵庫にあるものをうまく使って

一週間の献立を細かに決めて

適当にいろいろありますね

 

わたしが朝、夕飯何食べたい?

聞いても息子は…

 

「 何でもいい 」

 

…。

 

いや。よくないでしょ

何でもいいって言って

明らかに曇った顔したりするよね?

 

お母さん辛いです

 

嘘ですよ

 

それ含めて

誰かにごはんつくるのは

たのしいです

 

ごはんつくる相手が、、

 

今日は頑張っていたら 

すきなものつくりたい

 

ごろごろしていたら、、

 

手抜きする

 

自分が疲れてたら、、

 

甘える

 

寒かったら 、、

 

温かい出来立て食べてもらいたい

 

いつもライブ。

 

相手を置き去りにしないで一緒がいい

その時々を感じて適当に

 

そうして暮らしてきて

変わらないのは

 

自分ひとりのごはん。

 

冬になると

お粥をつくる

 

年々身体に滲みわたる

 

効くう…

 

その日の気分で

椀に入れたり

コップに入れたりして

長く使うスッカラで食べる

 

立って食べることもある

食べようとして時間がなくて

台所に置き去りの日も勿論ある

 

でもつくる

お粥

 

あの白いトロトロと

湯気

胃がじわぁって温かくなって

生きてるって思う

 

 

____

 

 

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市・出展者発表!!

 

公式ウェブサイトwww.kurakoto.com/

インスタグラムinstagram.com/kurashinokotoichi/

 

本年は木藝舎Satoより静岡縣護国神社に会場を移し開催。

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集います!

 

*2018年くらしのこと市出展者リスト一覧*CLICK!!

 

 








Profile
New Entries
Archives
Category