RSS1.0 | Atom0.3



カフェメニューをお知らせ。

 

春のA&C静岡をよいよ、

2018年のくらしのこと市にむけて動き始めた。

 

くらしのこと市(以降、くらことに略)は、

関わるスタッフの声かけによって出展作家と出展店舗が決定されてゆく。

 

出展してもらいたい方へ伝えるのは、

なぜ貴方に参加してもらいたいのか?というところから、

どんなところをくらことで紹介したいのか?などなど多岐にわたる。

 

公募ではなく声かけで出展者(または店舗)が決まってゆく以上、

各々担当する出展者への直接的なプレゼンはとても大切な行程。

 

そんな訳で現在、まさに声かけを実施中です。

 

最後にひとつ。

2018年、気になるカフェメニューのメインをはるのは、

台湾のソウルフードでもある、魯肉飯(るーろーはん)です。

そして、取り扱う器では主に丼(どんぶり)が挙げられます。

 

そんな訳で2018年のくらこと。

11月23日(金曜・祝日)24日(土曜)に開催されます。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

名倉

 

追伸

魯肉飯を食べてみましたけれど、

薬味がポイントかもな〜と感じました。

彩りとしてもね。

 

____

 

 

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

 

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

MAIL shizuoka@tezukuriichi.com

 

 





はじまりのはじまり。

 

先日のこと。

くらことのカフェを担当するスタッフが集まり作戦会議があったそう。

 

くらしのこと市は器が中心となり、

カフェメニューがおおよそ決まってから動き出す。

 

なので、この作戦会議はとても重要度が高い。

 

そして。

今回よりそんな作戦会議への参加を見送るようにした。

カフェを担当するスタッフの主体性に任せたかったから。

 

作戦会議のあった数日後。

 

担当スタッフより

「今年のメニューはホニャララでいきます」

「器はホニャララです」

と報告が届いた。

 

どちらのホニャララも期待値高めの提案で幸先いいなと感じた。

 

なんか感じる。

2018年の「くらしのこと市」はとてもいいものになりそうなことを。

 

ホニャララについての告知はまた後日。(カレーじゃないよ)

2018年11月のくらことにむけて4月より本格的に動き出します。

 

それではまた。

 

名倉

 

追伸

上記の写真にちいさな手がありますね。

スタッフのやや子です。

遠い先のことですが、、

手創り市のスタッフになることを待ってます。

 

____

 

 

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

 





2018年のはじまり(くらしのこと市)

 

先日、とある古本市で購入した書籍。

古本屋さんでは過去の詩集や食に関しての書籍を手にすることがままあります。

紙質からか表紙のやれた具合もグッとくるポイントなんです。

 

_

 

話は変わり、2018年のくらしのこと市のこと。

 

先日、昨年のくらことに関わったスタッフ達と反省会を兼ねて、

「2018年をどうしましょう?」と集まりました。

 

昨年の様子を振り返ることで、

2018年のくらことに必要な要素が見えてきました。

 

必要な要素。

それをひと言で言い表せば、参加するスタッフの主体性。

 

くらしのこと市は「器からはじまる」という定義があります。

器からはじまり、そこから更に暮らしへと広がってゆく。

そのことを体験する場ではないだろうか。

私はそう考えます。

 

このことはこれからも変わらず、毎年毎年、変化を重ねてゆくこと。

その変化はスタッフ自ら選んだもの、企画でなければいけない。

もちろん、くらことのテーマに沿って。

 

今年も春のA&C静岡頃からスタッフと共に動き出します。

…とその前に、

くらことのカフェスタッフによって、

カフェメニューの大まかな方向性を見いだします。

 

2018年の「くらしのこと市」も11月の下旬を予定。

乞うご期待!

 

名倉

 

__

 

 

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

 





くらしのこと市 2017.1125-1126 at 木藝舎SATO

 

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

開催日:2017年11月25日(土)26日(日)

場所:木藝舎Sato http://www.mokugeisya.com/cafeeventspace/

 

_

 

くらしのこと市とは?

 

静岡市足久保にある木藝舎・SATOにて行われる

ARTS&CRAFT静岡主催のうつわを中心とした市です。

 

 

*クレジット決済が可能になりました*click!!

 

 

「出展者」

 

陶磁 9組

阿部有希(No.06) 笠原良子(No.01) 近藤康弘(No.03)

古谷浩一(No.22) 小黒ちはる(No.12) 前田美絵(No.04)

村上祐仁(No.16) 池田大介(No.20) 藤居奈菜江(No.18)

 

木工・2組

フナハシトモハル(No.02) 城崎月甫(No.05)

 

ガラス 1組

三浦侑子(No.19)

 

金工鉄 2組

yuta 須原健夫(No.15) 羽生直記(No.13)

 

植物 3組 ※3組は「くらしの教室」も実施

いわもとまきこ+善兵衛(No.29)

チムグスイ(No.21)

榊麻美植物研究所(No.17)

 

服飾 1組

HUIS(No.10)

 

フード 13組

IFNi ROASTING & CO.(No.14) tote(No.11)

屋台che(No.27) 茶屋すずわ(No.09) 杜屋(No.24)

skywalker bakery&cafe(No.23) みちばちのーと(No.07)  

うめぼしの松本農園(No.07) 焼き菓子ひより工房(No.26)

horieco+(No.25 / 25日のみ)  人々(No.28 / 25日のみ)

CAPU(No.28 / 26日のみ)  大国屋(No.25 / 26日のみ)

 

 

「くらしのことカフェ」

  今年のテーマは”お稲荷さん”です!

http://kurakoto.jugem.jp/?eid=213

 

 

「くらしのBOOKS」

  暮らしに寄り添う、スタッフ所蔵の本が集まります!

http://kurakoto.jugem.jp/?eid=188

 

 

「会場マップ」

 

 

「会場」

 

木藝舎Sato

静岡県静岡市足久保奥組堀下212

Tel 054-296-7676

 

※駐車場は100台ほどのご用意が御座います。

※周辺にはコインパーキングなど御座いません。

 出来るだけ乗り合わせでご来場ください。

※当会場は飲食物の持ち込みは禁止です。

 

 

____

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

 開催日:2017年11月25日(土)26日(日)

 場所:木藝舎Sato http://www.mokugeisya.com/cafeeventspace/

 

 





クレジット決済について。

 

 

くらしのこと市では

クレジット決済(Square)

導入致しましたのでお知らせ致します。

 

 

 

ご来場者の方々よりご要望の多かった

クレジット決済を導入することになりました。

 

作品購入合計金額が

10000円以上に限り

クレジットカード決済が可能です。

 

※一度の会計の合計金額に適用されます

※複数の作家の作品購入の合算も適用されます

※カフェの代金については適用されません

※くらしのBOOKSの代金は適用されません

 

 

クレジット決済は

すべて会計ブース(★印)にて対応。

 

 

※ご質問等は開催時に会計ブースまでご確認ください。

____

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

 開催日:2017年11月25日(土)26日(日)

 場所:木藝舎Sato http://www.mokugeisya.com/cafeeventspace/

 

 








Profile
New Entries
Archives
Category