RSS1.0 | Atom0.3



くらしのこと市参加作家連載:村上奨

「休日の朝食」


村上奨



例えば毎週水曜日 とか、来週はどこらへんで、とか休日を定めていない。


本当ならば決まったスケジュールで動いた方が、

有意義に時間を使えることは間違いないであろうが、

大抵の場合、何かの買い物や用事ごとで外に出かけ、

ある程度時間を消費したところで、

「ああ、今日は作業は休みだな・・」


なんていう具合に、突然に僕の休日はやってくる。


つまり朝から 今日はお休み〜 といった気分でいることはほぼないのだ。


朝食も同然、休日バージョンはない。


その代わりと言ってはなんだが、朝食を含め朝はゆっくり過ごす事が多い。


ご飯派かパン派かと問われれば、まあパン派だ。


毎朝、最初にお湯を沸かし、

トースターに入れたパンの焼き上がりに合わせて、コーヒーを入れる。



パンの困ったところは、(あくまでも持論だが)飽きやすいところだ。


和朝食の定番の、ご飯に味噌汁、焼き魚などは

たとえ毎日同じ具や魚でも平気な気がするが、

パンの場合、サンドイッチの具が毎日代り映えしないと、

なんだか悲壮感まで漂ってくる。


と、いうのはさすがに大げさだが・・


毎日、今日はどんな具を使おうか、

どういうものに仕上げようかと悩まなければならない。


サンドイッチにしたり、ジャムを使ったりだが、

意外に面白いのがホットサンドだ。


サンドイッチだと食べずらいものでも

パンの端をシールして食べやすくしてくれる。



ごくたまに頂き物のフルーツなどがあると、

食卓に色を添えてくれるからうれしい。


こんな風に僕らの朝はゆっくりと始まってゆく。


さてと、今日は何からはじめましょうかね。





くらこと参加作家連載記事。

明日も更新致します。

ご覧くださいね。




 







Profile
New Entries
Archives
Category