RSS1.0 | Atom0.3



連載「おにぎりと、私。」橋本

 

くらしのこと市 公式HP http://www.kurakoto.com

Instagram 

 

・・・

 

おにぎりの記憶。

 

こどものころ、妹と競って作った。

ただ丸くするしかできない妹に、私は三角にできるぞと、得意顔になってみたりして。

でも逆に、丸いのは上手く作れなかった…。

 

6人家族だった我が家は、休みの朝とか、夏休みのお昼とか、

時々地元のおべんとう屋さんで大量におにぎりを買ってくることがあった。

型押しされた綺麗すぎる三角は少し苦手だったけど、

薄緑の包み紙をガサガサと開けて、

これは何味だろうー?とワクワクする瞬間は好きだった。

一番好きだったのは鳥五目ごはんのおにぎり。

 

大人になると、おにぎりを握ることはほとんどなくなった。

なぜだろう…

 

この頃よく、会社の近くのお弁当屋さんでおにぎりをかう。

陽気なおじさんがレジを打ち、ストイックそうなおばちゃんがせっせと握ってくれる。

私は梅と鮭と昆布と明太子が好きで、その時の気分で組合せる。

それを持って、海の近くの広場へ行って、海と富士山をチラ見しながら食べるのだ。

 

 

きっとみんな同じような記憶を持っている。

 

遠足や、運動会のお弁当。

お母さんのおにぎり。

みんなで食べるおにぎり。

 

それはきっと、誰かと一緒の記憶。

家族とか、友達とか。

会社の近くのお弁当屋さんは、その記憶にちょっと近いのだと思う。

 

どこかの映画も同じようなセリフがあった…

やっぱり、おにぎりは誰かに作ってもらったほうがおいしい。

と、私も思う。

 

橋本

 

 

・・・・

 

※次回「おにぎりと、私。」更新は9月17日公開。

 是非ともご覧くださいね!

 

*2016年11月26日(土)27日(日)開催となります*

 くらしのこと市出展者紹介は9月下旬にご案内する予定です


ARTS&CRAFT静岡手創り市
Mail shizuoka@tezukuriichi.com
HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com
twitter
Facebook
Instagram
 

 







Profile
New Entries
Archives
Category