RSS1.0 | Atom0.3



ふゆの暮らし。(スタッフ名倉)

 

暑さも過ぎて秋になり、冬になると身体の芯から気温を感じる。

築60年を過ぎた事務局は年中日差しがささない為、冬はとてつもなく寒い。

冷蔵庫の方が温かく感じるし、天候によっては外より2、3度気温が低い。

大きな冷蔵庫のようなもの。それが手創り市の事務局だ。

 

 

突然ですが、、

 

酒が好きだ。

酒に好きになって欲しいと云わないから嫌いにならないで欲しい。

そんな気持ちで寄り添っている。

 

特に蒸留酒がたまらない。

 

 

冬が来たと気づくのは、事務局の凍える寒さが教えてくれる。

この記事を書いているのは9月の末日を迎える頃。

夜間にこだましていた虫の鳴き声が徐々に止む頃、寒さがやってくる。

 

 

10月11月と秋が深まる時間を過ぎて冬到来。

12月。事務局のエアコンは効かなくなってくる。

そんな時は石油ストーブのお出ましだ。

 

 

身体の芯から暖をとる石油ストーブ。

その上にはたっぷりと注がれた薬鑵が鎮座ましまし。

 

薬鑵からピュ〜〜〜と笛吹くと、私はお気に入りのマグカップまたはグラスを添える。

 

 

琥珀色のダブルのウイスキー。

最近の私のお気に入りはブラックニッカ・プレミアム。

通常のブラックニッカよりも300円ほど高額だが、これがかなりいける口。

 

琥珀色がたゆたう容れ物にお湯を優しくすう〜っと注ぐ。

 

(この時忘れちゃいけないのは、湯を注ぐ前に容れ物を温めておくこと。)

 

注がれた湯は琥珀色のそれをかきまわす。

コップから立ち上がる匂いに鼻を近づけることを忘れちゃいけない。

その行いに意味はない。それは感謝の念をあらわすものだから。

 

 

蒸留酒に注がれる湯。

それを身構える琥珀色のアイツ。

 

凍える冬にはホットウイスキー。

お茶の代わりにホットウイスキー。

 

冬にとっておきの味わいは、大人になって知った時間をつくってくれている。

 

そんな私の、ふゆの暮らし。

 

 

名倉

 

____

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市・出展者発表!!

 

公式ウェブサイトhttp://www.kurakoto.com/

インスタグラムhttps://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

本年は木藝舎Satoより静岡縣護国神社に会場を移し開催。

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集います!

 

*2018年くらしのこと市出展者リスト一覧*CLICK!!

 

 







Profile
New Entries
Archives
Category