RSS1.0 | Atom0.3



くらしのこと市 2018 : 日記

 

 

「今回、会場が変わってどうですか??」

「いやあ〜大きな声じゃ云えませんけど、あと一ヶ月延期したかったですよ」

「え?なぜ??」

「えっと…本番間近で準備も大詰めになって…」

「ふむふむ」

「あとは現場へ向かうだけってなった時にですね…」

「ほうほう」

「急に頭の中が想像し始めたんですよ、勝手に」

「え、どんな?」

「会場を護国神社に移したからこそもっと出来ることある!って」

「器の提案。もっとしなきゃ駄目っしょ。って。」

「え、じゃあ、正月にやるんすか?それはないでしょ〜」

 

 

そんな会話から始まった2018年のくらしのこと市も会期を終えて3週間が経とうとしている。

もう随分と前のことのように思えてしまうのはなぜだろう。

 

今回、会場を木藝舎Satoより護国神社へ移して初めての開催だった。

誰もが感じていた、いろんな人に聞かれた、『A&C静岡との違い』ってなんですか?

そして、その違いを生み出すことが出来ただろうか?というのが大きなこれからの課題。

さらに、わたしの頭の中では既にいくつかのやりたいことが生まれている。

それを話し合うのは年明けのスタッフ内での反省会。

今から楽しみだ。

 

 

 

 

今回のくらことスタッフは3つのチームに別れ、2日間を過ごした。

 

カフェチームはこれまで同様、元静岡スタッフと現在静岡スタッフの混成。

会計チームは静岡スタッフを中心に、東京スタッフ、ヴィレッジのスタッフ、元静岡スタッフと全ての会場から動員。

そして外回りチーム。主に男性陣を中心とする静岡スタッフと元スタッフ(元スタッフの彼は春よりA&C静岡へ復帰することに)。

ついでを挙げれば、、夜間警備は東京スタッフのRくんも。

 

誰かがいった。

「手創り市オールスターですね」

その言葉がダサすぎてスルーしたが、内心はこうだった。

「ん?君は君自身をスターとして認識しているのか?ほうほう。」

 

そんな訳で、今回のくらことは手創り市が運営する会場の中でも最も大きなチームだった。

 

まずは集ってくれた彼ら彼女らにお礼を言いたい。

そして、来年もまた、こんな風に混成チームでやれたらな。

そう思っている。

 

 

さて、ここから先は淡々と時に感情も交えつつ日記を綴ってゆく。

無駄に長文となりますが、ご覧ください。

 

 

 

 

前々日準備、そして前日準備。

開催にむけての準備は2日間にかけて行われた。

 

いつもの護国神社よりも少ない出展数。

けれど、いつもとは異なるブースのサイズに、ブースの間隔。

出展場所によって異なる光りの入り方や参道からの見え方を考慮しながらのブースの間隔作りは、今回の準備の肝だったように思う。

作業を始めたばかりの時は「ここを早く終わらせないとまずい…」という消極的な姿勢のもとに進めていたが、作業を進めるうちに想像だけが広がり段々と楽しくなってきて、想像と妄想が入れ子の頭の中は時間の概念を忘れ、ウキウキワクワクと一進一退を繰り返してたらいつの間にか夕暮れがやってきてしまった。

私の悪い癖だ。周囲に迷惑をかけなければ、いくら時間をかけても構わない、というその精神。

そして、決めたことを決めた通りにやるだけは阿呆のすること。予め決めておくことの必要性は決めたこと以上をする為だ。という際限のない方針。

ま、これは現場に身を置く限り変わらぬものだろう。

いつか管理するだけのつまらぬ立場になったらきっとその辺りも変わるんだろうけど…

 

夕暮れも夕闇となる頃、場内で使用する木製のベンチを出していたら、山の方より数匹の狸たちが降りてきたので、ベンチを出す作業を止した。

彼らか彼女らか知らないが、狸たちの時間を邪魔するのは無粋ゆえ。

だってそうだろう。

自分が逆の立場だったら、俺たちのシマを時間を邪魔するな!ってなるだろうから。

 

夕闇も完全に夜が始まった頃。

木藝舎の方々がカフェの小屋と会計ブースの小屋を作りにやってきてくれた。

ふだんの仕事を終えた後のこの作業。

それ故、尚更感謝してもしきれない。

今回もありがとうございました!

 

 

 

 

初日。

集合時間よりも1時間半ほど前に会場に到着し、残ったベンチ出しを行った。

まだまだ夜明け前故、一緒に手伝いをお願いしていたスタッフは大変だったろう。

斎藤くん城津くん。ごくろうさまでした。

 

搬入を終え、出展者の方々の設営を終えた頃、会計ブースのリーダー的なスタッフ、佐藤さんによる出展者に向けての朝礼が始まった。

朝礼では首から下げる登録証を配りつつ、作品販売時に利用する販売用の伝票の書き方を案内した。

 

彼女は今回、最も混乱が予想された会計ブースをまとめる為、多くの時間を準備に割いてきたように思う。

会計のやり方は基本、これまでと大きく変わったことはない。

けれど、会計窓口を増やし、会計作業に馴れぬスタッフが本番当日初めて現場を共にする、その2点の不安要素は準備でどうにかなるものではないけれども、実際的な準備と心の準備をしておかなければ問題が起きた時に対処も出来ず。

 

問題発生時に対処の出来ないリーダーはリーダーにあらず。それは役立たず。

対処が正解かどうかは別として、右往左往するのだけのリーダーはいただけない。

問題があれば原理原則に基づき再度見直し、周囲の了承を基に決定、実行。

現場ではその程度のことしか出来はしない。

けれど、その程度のことさえもあくまで準備をしてきた人間のみが出来ること。

そういうことだ。

 

幸いにして、佐藤さんの準備とこれまでの努力。

そして、周囲のスタッフの丁寧な仕事もあり、2日間を無事に終えることが出来た。

 

今回のくらことを経て、彼女は自分なりに成長出来たと思っただろうか?

仮に成長したと思えたのであれば、次はなにを伸ばしてゆくのか?

そういったことも想像しながら向き合ってくれたら幸いだ。

そのことを今度聞いてみようと思う。忘れてなければ…

 

 

 

 

2日目の朝。

 

酩酊状態だった私はどうにかこうにか朝礼を乗り切り、一旦実家へ帰り、湯につかり仕切り直しをした。

昨晩のことを思い出そうにも全く思い出せないので、とある男性スタッフに確認すると、とてもユニークな夜だったようだ。

それは余りにも酷くて滑稽で、自分にそんな明るい一面がまだ残っていたのか?と驚いて、他人事のように笑えたが、とてもじゃないが書けないので、ここでは入口まで。

そんなこと。こんなこと。あんなことがありました。

これは蛇足です。

 

 

2日間の開催中、とても救われたと思うような景色を見れたのでここで紹介しておきたい。

 

静岡スタッフとして加わって間もない、梅野くんと寺尾くん。

彼らは同年代で端から見ていて、なんだか良いコンビ。

 

彼らの明るく溌剌とした姿は、私が不安に思っていたことをおおよそ解消してくれたし、とても頼りになった。

彼らはそのことを意識していたのかどうかはわからないが、結果がすべてのこの世の中では行動こそが結果の端緒ゆえ、今後の静岡の現場は彼らのような人間が引っ張ってゆくだろう。きっと。

 

彼ら2人は主に外回りを担当するスタッフ。外回りのリーダーは齋藤くん。

外回りが行うことはいつもと一緒だが、いつもより人数が少ない故に、予め与えられた休憩時間が少ない。

そのことへの不満は当然考えられるし、気になっていたことだが、どうにもならなかったこと。

 

リーダーの齋藤くんの機転もあり、その時々でローテーションを変更しつつ、少ないながらも休憩時間を作ってくれていた。

とはいえ、気になるものは気になるので、たまたま会計ブースに来ていた寺尾くんに「会場を見れているか?」と聞くと、こう返ってきた。

 

「思ってたよりも会場は見れてますよ。ちゃんとした休憩時間は少ないですけど…

そこは馴れたメンバーですし、齋藤さんもローテーションのやりくりをしてくれてます。

なので、移動がてら会場を見れてます。買い物は明日になりますけどね。楽しんでます。」

 

気遣いも半分込み、いや、半分以上だったろう。

けれど、彼らのように自分也にやりくりしてくれるその配慮はスタッフの鑑だと思った。

そのことに甘えてはいけないけれど…ありがとう。

 

 

 

 

今回、会場を護国神社に移しての開催で最も変化のあったのは、くらしのことカフェだったろう。

けれど、あくまでそれは環境の変化であって、本質的な変化ではなかったはず。

あの空間と提案はこれからも続けるとして、今後は更なる変化と進化を続けてゆきたい。

 

それにしても、、

 

カフェチームの4人は朗らかに楽しそうだった。

ある程度、これまで固定されたメンバーだったからこその安定感。

続けてきたからこそのお互いの信頼感。

これはこれで一朝一夕では作り得ないもの。

あの景色もくらことっぽさのひとつだろう。

 

準備からの2日間、ご苦労さまでした。

 

 

 

 

ここまで内々のことばかり触れてきました。

内々のことばかりでスミマセン。

 

ここから先は、2日間の開催時に気づいたことを3つ紹介してお開きとしたい。

 

 

 

ひとつ目。

 

【ふだんのA&C静岡との違いについて】

 

これについては最も議論を呼ぶ所だろうけれど、、

 

今回の開催に至っては、『違いを意識する』に留まったところだったと思う。

要するに、次の開催にむけての『きっかけ』。そういうことだろう。

 

けれど、出展者の方によっては、明らかにふだんの様相と異なる準備をしてきている方もいたことを考えれば、企画を提案する私たちスタッフからの投げかけをより重視してゆかなければいけない。

その為にはその作家さんのことを知ることから。

 

そのことを強く感じた。

 

 

 

ふたつ目。

 

【器の提案、体験する場所を増やすこと】

 

これまで、くらことと云えば、カフェスタッフが2日間だけつくるカフェで参加作家の器が体験出来ますよ。という提案をしてきて、それはSatoを会場とする規模だったからこそ、それだけで済んでいたし、カフェだけの提案に余り疑問を感じることもなかった。

けれど、護国神社に会場を移したその瞬間から、それだけでは足りない。足りなさ過ぎる。そう感じた。

 

 

 

みっつ目。

ふたつ目からの延長だけど…

 

【2019年は更に器の体験出来る場所をつくる】

 

例えば、8寸9寸の大皿が体験出来る場所。

スパイスの効いたカレーに数種類のお惣菜なんてどうだろう?

 

さらに、耐熱皿を体験出来る場所。

鍋焼きうどんなんてどうだろう?

 

そして、、

 

たくさんの蕎麦猪口の中からひとつを選び楽しめる場所。

ふつうの甘酒もいいが、大人仕様な甘酒もいいな。

 

更に、、、

 

個人的な趣味で申し訳ないが、お猪口をもちいて熱燗だけが楽しめる場所。

お客さん、作家さん、スタッフが肩を並べちゃ、だめですか?

 

これらすべてが出来る訳ではないけれど、幾つかなら出来そうだ。

参加する作家さんも巻き込み楽しめる場作りを提案してゆきたい。

 

 

体験は一方的なものではない。

双方向的なものに昇華してこそ、次なるステージが見えるのだから。

 

 

 

 

最後に。

 

2019年の「くらしのこと市」は会場を同じく護国神社とし、これまでよりも幅広い提案を参加作家と作り上げてゆきます。

器の提案だけでなく、暮らし全般を提案出来る会場を目指して。

 

会期は秋深まる時期を予定。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

名倉哲

 

____

 

 

 

 

2018年12月8日(土)9日(日)

くらしのこと市

 

【くらしのこと市・出展者紹介まとめ】CLICK!!

 

公式ウェブサイトwww.kurakoto.com/

インスタグラムinstagram.com/kurashinokotoichi/

 

今回、工芸クラフト部門が37組。フード部門が18組。

計55組の出展者が護国の杜に集いました。

 

 

 







Profile
New Entries
Archives
Category