RSS1.0 | Atom0.3



休日の朝食 : 豊田雅代 (11月5日更新)

「休日の朝食」 豊田雅代



子供のころの私のとって朝ごはんは、「猛スピードで駆け抜けていく時間」でした。


4世帯・7人家族の中で育った私。

子供たちは学校・大人たちは仕事にと、とにかく大忙しな朝。


早くしないと遅刻するぞと急き立てられた記憶と一緒に覚えているのと、

とれたての野菜の味です。


専業農家を営んでいた我が家では、祖父母が早朝より野菜の収穫をしていました。

平日はそれをゆっくり味わうこともなく、急いで登校していたのですが、

休日となるとその流れは一変し、祖父母と一緒に取れたての野菜を洗うところから

初めて調理の手伝いをしながらのBGMは祖父母自慢の野菜豆知識でした。


野菜だけじゃさみしいと言って、ししゃもや卵もよく焼きました。

味噌汁にはいっぱいの野菜を入れて、薬味も欠かさず。

どこの野菜も本当に美味しかったです。


私が今でも野菜好きなのは、きっとこの時間をおかげとおもいます。


時計も見ずに、ゆっくりゆっくり。


「景色を見ながらだらりと歩く時間」のような休日の朝ごはんでした。




*次回「休日の朝食」更新は11月10日となります・ぜひご覧ください*



【くらしのこと市とは?】

2014年11月23日に開催の暮らしに寄りそううつわを中心とした市。

日々の食卓を彩るうつわのつくり手が集い、使い手と繋がることで、

今よりも少しだけ良い毎日が交差する。

うつわのつくり手を中心に、暮らしを彩る道具、素材にこだわった食品を

提供するお店も参加を致します。


※くらしのこと市へのお問い合わせは下記メールまでお気軽にどうぞ。

facebook : https://www.facebook.com/shizuokatezukuriichi  
 






Profile
New Entries
Archives
Category